2022年7月29日金曜日

【備忘録メモ】macOS Monterey で AVCHD形式の動画を Adobe Premiere Pro 2022 に取り込み Toast 20 Pro でチャプター付きブルーレイを作成する

いろいろ苦労したのでやり方についてまとめておきます。

STEP 1. AVCHD 形式の動画を Adobe Premiere Pro 2022 に取り込む

直接取り込みはうまくいかない

取り込む自体は、下図のように Adobe Premiere Pro 2022(以下 Premiere と呼ぶ)の読み込みから可能です。しかしながら、Premiere 上で再生すると一部音声が出ない場合があります。再生時に音がでない(Adobe ヘルプ)等を参考にいろいろ試してみましたが、この読み込み方法は断念しました。まずは AVCHD を読み込んで音が途切れていないか確認し、鳥れるところがあるなら後述する「cat コマンドを使って、1時間ごとぐらいでファイルを連結する」を試してみてください。


AVCHD内部にある MTSファイルを個別に読み込んでも、音がでない場所は Premiere 上でだけ音が出ません。

cat コマンドを使って、1時間ごとぐらいでファイルを連結する

  1. AVCHDファイルを右クリックし、「パッケージの中身を表示」を選択
  2. BDMVファイルを右クリックし、「パッケージの中身を表示」を選択
  3. STREAMフォルダにある、MTSファイルを別の場所(説明のためにダウンロードフォルダとする)にコピーします。
  4. アプリケーション > ユーティリティ > ターミナルを起動
  5. 下記の2つのコマンドを1つずつ実行(各コマンドは Enterを押すと実行される)します。
    cd ~/Download
    cat 00000.MTS 00001.MTS > 01.MTS
     
     
  6. すると 00000.MTS のあとに 00001.MTS が挿入する形で、 01.MTSファイルができます。
  7. これを Premiereで読み込んで音が再生できない場所のないことを確認します。
  8. 次にターミナルより下記を実行して、2つのファイルを連結します。
    cat 01.MTS 00002.MTS > 012.MTS 
  9. そして「7」をチェックします。
以上を繰り返して、音がでないギリギリのところを模索すると、下記のように4つずつの連結となりました。00000.MTS〜00004.MTS まで連結してしまうと音がでない部分が出たのです。となると1時間を超えたあたりからそういう現象が起こるのかもしれません。


あるいは、AVCHDで読み込もうと思ったときの2つに分割されていたファイル(ちょうど 、00000.MTS 〜 00003.MTS と 00004.MTS 〜 00007.MTS だった)が指標になるのかもしれません、

いずれにせよ、連結した2つのファイル 0123.MTS, 4567.MTS については Premirer に読み込んでも音がでない箇所はありませんでした。

STEP 2. Premiere 上で チャプターマーカーをつける


注意:Toast 側ではチャプターについては、名前をつけることができないようです。Toast は
動画ファイルA(名前をつけることができる)
 チャプタ1(名前つけることができない)
 チャプタ2(名前つけることができない)
動画ファイルB(名前をつけることができる)
のような状況になりました。もしかしたらできる方法もあるかもしれませんが、いろいろ試してもうまくいかないので、私は諦めました。
そのため、Premiere 側でファイルを切りに良いところで分割保存して、Toast側ではチャプターをつけずにブルーレイを作成するほうがよさそうには思います。

それはともかく、ここでは Toast でチャプターをつかう前提で説明します。
なお Premiere でチャプタマーカーをつけた場合、H.264 Blue-rayなどのフォーマットで出力しておくことで、xmpses拡張子のXMLファイルにデータがマーカーの情報(マーカーをつけた時刻情報も)が入るので、視認しながら他で活用はできます。

さて、0123.MTS, 4567.MTS の2つのファイルを Premiere 上で連結させ、チャプタマーカーをつけたいところで、ルーラーの部分で右クリックして、「チャプタマーカーを追加」を選択します。あとで活用するためにも、チャプタの名前はわかるような名前をつけておきましょう(Toastには引き継がれませんが)。


STEP 3. QuickTime形式で出力する


Toast でチャプタマーカーを引き継ぐためには、QuickTime 形式(拡張子 MOV)で書き出す必要があります。ただし、チャプタマーカーをXMLファイルで残しておくのには意味があるので、H264 Blue-ray でも書き出しておくとよいです。
*QuickTime形式にすると動画の容量が大きくなります。
H264 Blue-ray: 20.31GB(映像)+ 1.25GB (音声) (1時間48分程度)
QuickTime: 177GB(映像+音声)


STEP 4. Toast Pro 20 でチャプタマーカー付き QuickTime動画をインポートする


Toast Pro 20の「書き込み」から、「ブルーレイディスク」を選択。


クラシック表示に切り替え」ボタンをクリックする


下記のドラッグ&ドロップエリアに、QuickTime形式の動画(拡張子MOV)をドラッグ&ドロップします。


すると下図のように動画がインポートされますので、「編集」ボタンをクリックします。


「チャプタ」タブをクリックして、Premiere で追加したチャプターがインポートされていることを確認してみてください。そして念の為「手動」にチェックをいれておきます。


出力設定の「メニュースタイル」について、チャプタを活かせるものを選択します。
さらに「カスタマイズ」ボタンをクリックします。


チャプターを有効にするには「ビデオのシーンメニューを含む」にチェックをいれてください。下記のプレビューで動画が1つしか見えないのは、Toastの仕様です。

下記の場合、最初に動画ファイルAが表示され、これを選択して開くこで、この動画のチャプターが表示さえる仕様のためです。

動画ファイルA(名前をつけることができる)
 チャプタ1(名前つけることができない)
 チャプタ2(名前つけることができない)



STEP 5. ブルーレイディスクを作成する


こちらは Toast Pro 20 の標準機能とブルーレイディスクドライブがあれば作成できるはずです。


2022年7月29日 @kimipooh




2021年11月16日火曜日

Google Product Experts Summit 2021@Home APAC 2021 (PES@Home) に参加して・・・ #PESatHome #PESHome2021

昨年同様、コロナ禍の中で今年もオンラインでの開催になりました。
今回の地域が別れていて、参加したのは APAC リージョンとなります。

* 内容はNDA(機密保持契約)があるため、話せません。

今年は1日のみの開催となりました。
イベントページは昨年度よりも作り込まれているようで、特にチャットのリアルタイム翻訳や字幕翻訳部分が YouTube でみるよりも見やすくなっていると思いました。字幕については、おそらく手動で同時通訳しているようで情報量がそこまで多くない。そのため、昨年度も試した音声を Google翻訳に流して翻訳する手法も合わせて利用しました。

これらの工夫のおかげか、昨年よりも多言語での質問、回答が活発に行われていたと思います。ただ1日ということもあり、従来昨年の3日間、あるいはコロナ禍の前のように対面での3日間のような盛り沢山という感じではなかったなぁと思いました。早く現地での開催が復活してほしいものですね!


仮想フォトブース

昨年もありました。あまり他の人とのフォトをとるという点ではまだまだかなという感じではありますが、せっかく撮ったので載せておきます。


グッズ

今年 Googleから頂いたグッズは、イベント用Tシャツ、シール、ワイヤレス充電器(ペン立てと、卓上ライト)等でした。ワイヤレス充電器のうち、ペン立ての方はハードカバーしていた iPhone13 も充電できました。これはものすごく重宝しています。卓上ライトのほうは、iPhone13の充電はできず(ケースを外しても)、手持ちの Androidスマホのほうは充電できています。

2021年11月16日 @kimipooh

2021年11月13日土曜日

関西オープンフォーラム2021(オンライン)に参加して・・・ #KOF2021

残念ながら、コロナ禍の中で今年もオンラインでの開催となりました。来年こそは現地での開催になることを願っています。今年20回目となる関西オープンフォーラムにおいて、ウェブサイトのいくつかの個別仕組み(スケジュール等)が WordPress へと統合され、過去のサイトが静的HTML化するなど、いろいろと仕組みが変わった年でもありました。

今年のオンラインツールは、 Zoom と Jitsi Meet というシステムをベースに YouTube Live で視聴するというスタンスでした。

今年は聞きたい内容が盛りだくさんでした。セッションの一部はあとから公開されるとはいえ、できれば臨場感を感じるためにも当日に聞きたいものです。


基本的にメインで聞きたいものをベースにしつつも、もう一つ気になるセッションがあれば、つまみ食いする感じで視聴していきました。またすこし前にさかのぼって視聴もできる点はオンラインならではの良い点ですね! 複数同時視聴する場合、Google Chromeブラウザを使っているので、Volume Masterというタブごとに音量調整を変更できる拡張機能をいれて調整するといい感じでした。

さて筆者が視聴したプログラムについて備忘録として残します。
いつもの通り、下記で書いたメモは、筆者が視聴した内容を筆者として理解したもののです。したがって発表者の意図と異なる場合があるので、その点はご留意ください。


デジタル庁と国民向けサービス

プログラム:https://www.k-of.jp/2021/session/service_of_digital_agency/

データ収集を一手に担ってしまうと、収集をする人たちの気持ちが萎える。そうではなくて、さまざまなデータを仲介して様々なサービスに活用できるようなデータ連携基盤の整備が必要だという考え方。


IT男子に送る婚活大作戦!マル秘情報伝授致します! vol.5

プログラム:https://www.k-of.jp/2021/session/ticce/


筆者自身は結婚しているため婚活自体は不用ですが、ticceさんのお話は面白いため、毎年楽しくみています。意外と結婚後にもそういうこともあったなぁという内容もあります。どうしても先読みしてしまって、細部について回答してしまうことはよくあります。こう曖昧に相槌を打つなんてことは、コンピューターの世界で許されない(どこかにバグが出てしまうから)ので、なかなか慣れないだろうなと思います。

Beyond5G時代のシステム・サービス創出に資するテストベッド構築・運用に関するNICTの取組み

プログラム:https://www.k-of.jp/2021/session/beyond_5g/

データサイエンス 何それおいしいの?

プログラム:https://www.k-of.jp/2021/session/how_tatste_data_science/

コロナ禍に振り回されたとある学生たちの話

プログラム:https://www.k-of.jp/2021/stage/covid19-student/

コロナ禍での小規模ソフトウェア会社の在宅勤務移行時に発生したさまざまな事象の報告とその後

プログラム:https://www.k-of.jp/2021/session/remote-work/

筑波大シラバス「KdBもどき」を作ったその後どうなった?

プログラム:https://www.k-of.jp/2021/session/tsukuba/
Kdbもどき:https://make-it-tsukuba.github.io/alternative-tsukuba-kdb/

GitHUBに来た pull request については基本受け入れているとのこと。コードの洗練さを考えるよりも、すこしでも貢献してくれる人たちを弾きたくないという想いが強かったとのこと。ただし増えてくると、コード的に動きが不安定になるものもあって、弾くと弾かないで〜というやり取りもあって大変らしい。
開発は、人数が減りつつもまだ続いている。
issue を書いてくれる人がいないのが辛し。pull requestきても、その意図を issue に書いてもらえると助かる。現状はレビューするのが結構大変とのこと。
アクセス解析は仕込んでいないので、状況はわからないらしいが、使っている声は聞こえては来る。
UIがかなり作り込まれていて、曜日や時限をドラッグで一気に選択できたりする。各シラバスの内容を別ウィンドウで複数表示して並べて表示できるなど。

中国ハッカーを本気で追いかけてみた

プログラム:https://www.k-of.jp/2021/session/china-hacker/

こういうタイトルをみると、視聴したくなりますね!
に関する話になり、かなり面白い話で、ためになりました。
公開情報を収集・分析する=OSINT(Open Source Intelligence)というのが重要視されているということ。

指導教官と語るTomochaの灰色の歴史と今

プログラム:https://www.k-of.jp/2021/session/tomocha_vs_prof/

とあるイベントの仮想会場運営砲

プログラム:https://www.k-of.jp/2021/stage/virtual-venue/

oVice を使ったた、不慣れな人たちが利用できるか心配だった。

来年20周年は、2022年11月11日-12日!

今年は途切れることなく興味を引くセッションがあって楽しかったです。一日椅子に座っているとお尻が痛くなるのがオンラインにおけるデメリットですね。来年は会場でのイベント開催になるよう祈ります。


2021年11月13日 @kimipooh

2021年10月7日木曜日

Microsoft Word (Windows版)でコメントにウェブサイト全文入れると Macの Wordで開けなくなるかも

Microsoft Word (Office 365最新, Windows版)で作成された Wordファイルについて、Macの Microsoft Word (Office 365最新)で開こうとすると「この操作はキャンセルされました」とエラーがでて開くことができないという珍しいトラブルに遭遇しました。

いろいろ試した結果、コメントにウェブサイト全文を載せた場合に、そういったケースがあったということがわかりました。今回は Google翻訳したテキストデータを、コメントにペーストするのに翻訳結果のウェブページまるごと全文コピーしたので、他の不要な部分もペーストしてしまったために、おかしくなったのかなと思います。

いろいろトラブルについて探しましたが、そういう問題に遭遇したというコメントは日本語あるいは英語で情報がありましたが、解決したという情報はテキストエディタで開くとよい(画像やコメント等が消える)というものぐらいでした。

そのため、備忘録をこめて残しておきます。

問題の文章。左下のコメント部分(Google翻訳の全文コピーのフッター部分だと思われる)を削除して保存しなおすと、Macの Wordでも開くことができました。


2021年10月7日 @kimipooh

2021年10月3日日曜日

PHP Conference Japan 2021 に参加して #phpcon2021

PHP Conference はいつも都合がつかず、WordCamp Tokyo 2013 と合同開催された PHP Conference 2013 に参加して以降、長らく参加できていませんでした。

その間、 2015年に PHP7が、2020年に PHP8が新たにリリースされ、WordPress が動作するサーバ環境のメンテナンスやプラグイン開発をしている筆者にとっては、非常に関心の高いイベントとなっています。

PHP8.0 の環境で開発しつつ、サーバーでは PHP7.4 がメインの現状、PHP 8.1 が2021年にリリースされる話もあり、このあたりで情報収集しておかねばとおもったのでした。

他の作業をしながらの視聴のため、あまり多くは視聴できませんでしたが、興味の引いたいくつかの内容について紹介しておきます。それぞれ発表された内容を、筆者なりに理解した言葉に置き換えてます。


PHPの今とこれから2021


タイムテーブル:https://fortee.jp/phpcon-2021/timetable

今年中にPHP8.1 が出ることもあり、その新機能について説明があった。上記のように、1つずつ丁寧に例を示しながらの発表はとてもありがたい。


可変長引数 ...$a など ドットを3つつなげる


PHP5.6から実装されていて、PHP8.1 では連想配列でも使えるようになるとか。
下位互換性を重視していたこともあり、新機能はほとんど使わないようにしていたからか、このような機能があること自体知りませんでした。

function bbb(...$a){
  return $a;
}

$result = bbb('A', 'B', 'C');

などのように、引数の数が不明な場合に使えたのですね。
PHP5.4 と PHP7 との互換性を考えていましたが、もうPHP 5.x 系は捨てても良いでしょうから、今後は積極的に取り入れることができそう!

never

function aaa(int bbb): never{
  echo 'Error!';
  exit();
}

のように C言語でいう void のような使い方(呼び出し元に返らない)ができる型が実装されるとか。これは PHP8.1 からの機能なので、私にとってはまだ使えないですが、そういったものがあるということを知ることができるのは貴重です。

その他、新機能は盛りだくさんのようです。

【PHP8.1】 PPH8.1の新機能(Qiita)

も合わせて参照するとわかりやすいかもしれません。

レガシーシステムにおけるPHP8バージョンアップのアプリ対応記録

タイムテーブル:https://fortee.jp/phpcon-2021/timetable

比較演算子

  • 厳密な比較 ===
  • 緩やかな比較 ==

文字列と数値を比較した場合、文字列側が数値形式でない場合には、数字側が文字列に変換されるように変換される。

0 == "foo" について、 PHP 7.x だと真だが、PHP8.x では偽になる。
つまり、より正しくチェックできるようになったということ。

警告レベル

配列関数の引数に、配列以外の型を指定するとERRORに、など。

サービス運用エンジニアによるPHP8バージョンアップ奮闘記



grep だけでは発見出来ない不具合があり、挙動をみながら確認する必要があった。
PHP8 では、 OPcache + JITが速い(参考:PHP8のJITを有効にして、PHP7と速度比較する
リリース後のパフォーマンス計測、30%〜40%改善(PHP7.2→8.x)
バージョンアップを怠ると手間が増える(PHP7.4 に関するエラーが結構面倒だった)

2021年10月3日 @kimipooh