Knowledge for WordPress

Knowledge for Google Products

2020年9月15日火曜日

ディスク(CD/DVD等)の裏面を活用して、オンライン会議で手書きメモを手軽に共有する方法を試してみた!

 天才的な「ノートPCのカメラを使って手元を写すアイデア」が話題に (GIGAZINE)をみて、面白うそうなので試してみました。CD/DVDとかいいながら、よく見ると使ったのはブルーレイディスクでした (^^;

ただ筆者は面倒くさがりです。セロハンテープ等で止めるのが面倒なのです。というわけで手持ちでいろいろ試して止めずに実験しました。実際に本番でつかうときにはちゃんと止めたほうがいいのは言うまでもありません。


用意したもの


  1. 録画失敗したブルーレイディスク
  2. 軽い箱
  3. USB-C のケーブル
  4. MacBookAir (内蔵カメラ付きノートパソコン)
  5. Zoom(オンライン会議ツール)

USB-C のケーブルを、ディスクと軽い箱に通します。

ノートパソコンの装着




内蔵カメラがディスクの反射板にあたるようにします。ケーブルはノートパソコンの裏側に回します。このケーブルの先端についた端子と軽い箱が重りになって、微妙に手前に傾く感じになっています。このあたりの調整は、実際にZoomの設定のビデオで表示されている映像をみてするとよいでしょう。

うまくいけば、下の写真(Zoomのビデオ設定画面のスクリーンショット)のように、うまく表示できているはずです。虹のようなものは、ディスクに一部書き込みがしてある部分の色がちがうせいですね。このあたりは新しいディスクをつかえば問題ないはず。

試してみると、結構使えるかもしれないと思ったのでした。

2020年9月15日 @kimipooh

2020年9月14日月曜日

Windows 95 イースターエッグ の表示にトライしてみた!

Quora の スペース「TIL: 今日の学び」の 9月9日のフリーデンバーグ桃江さんのシャアされた情報 25年後に明かされた秘密。Windows 95には開発者たちの名前を見る裏技があった (GIZMODO)をみて、手持ちに Windows95をもっている私としては、「やるしかない!」とおもって試してみました。

端末情報 - シャープメビウス MN-830-H23



を見ると、物理メモリ 95MB。つまり 0.095GB だったのですよね、メモリ。
2000年台当時、事務用端末として愛用されていており、機器刷新のときにシリアルコンソール端末用に1台もらって、Sun Solarisマシンなどのメンテナンスに大活躍していたのでした。持ち手もある一体型で手軽に持ち運びできたんですよねぇ。


まずは Windows 95の起動だ!  PS/2 マウスとキーボードはどこだ!?


少し前にもう使わないだろう、USB→PS/2 アダプタもあるし、ということで大量に処分した PS/2マウスとキーボード。しかし、USB→PS/2 アダプタをつけた USBマウスもキーボードも認識してくれないのでした。USBポートはありますが、USBマウスなどは当然のごとく認識しません。Windows95で、USBマウスを利用したい(SANWA)にある通り、Windows 95も、いくつかのタイプがあり、ギリギリ認識しないタイプものだったかなと思います。運良くサーバー室にあったので、それを利用。


CPUは、Pentium II-MMX でしたか。


ということで、 Windows 95のロゴが出てきて、


上記のように、Windows 95が起動したのでした。当時、セキュリティ対策ソフトとして、Norton Antivirus を入れていたので、それが残っていますね。また Netscape 7.0 と Internet Explorer 5.5 がインストールされていました。


システムプロパティをみると、使用者のところにどこで使っていたのかメモっていたので、ああ、あそこで使っていたのかぁと懐かしく思いました。

やってみよう!


英語版OS以外での注意点

スタートは、「New Folder」である必要があります。日本語版OSだと「新規フォルダ」という名前になるので、まずは New Folderに名前変更が必要です。これで少し悩みました。

  1. デスクトップに新規フォルダを作成
  2. 名前を「New Folder」に変更(英語版なら、最初ならそういう名前になっている)
  3. 名前を「and now, the moment you've all been waiting for」に変更
  4. 名前を「we proudly present for your viewing pleasure」に変更
  5. 名前を「The Microsoft Windows 95 Product Team!」に変更
  6. フォルダを開く

で表示されることを確認しました。



なお Windows 98 もやり方は異なりますが、イースタエッグはあるようですね!残念ながら手持ちにないので確認できません。


2020年9月14日 @kimipooh

2020年9月4日金曜日

Zoom に日本式システム「誰を上座に表示させるか」機能が導入された?

日本市場に配慮? Zoom、最新バージョンで「役職者を上座に表示」がついに実現(Internet Watch) という情報を教えてもらって、これは試してみなければと思いました。

日本式と言い切ってよいかはわかりませんが、日本人には馴染みの深いものだと思います。ただ余計な機能をつけて、、、って思うのは私だけでしょうか!? ただ Zoomは日本市場をかなり重視しているのかなぁと思います。

この機能は、バージョン 5.2.2 で実装されました。


Zoomに二人以上接続して、「ギャラリービュー」表示


すると一定数の接続者が画面に表示されます。この表示されたそれぞれのタイルをマウスでドラッグ&ドロップすると・・・・位置を逆転することができました。

3人にするとギャラリービューでは下図の表示になります。この位置は自由に変更できますが、レイアウトは変更できません。社長、部長、平社員などの場合、上座は「下」と言わないといけませんね。4人で、社長、平社員3名だとどうするのだろう。こ、怖い >_<;

下記のように、上座の人以外はビデオオフにしておいて、「ビデオ以外の参加者を非表示にする」でお茶を濁す必要があるかもしれませんね!


「ホストのビデオの順番に従う」をオンにすること!

もうやり方わかった!というそこのあなた。盲点があります。


上記の設定をオンにしておかないと、見た目のビューは、ホストに従うわけではなく個別設定になります。ホストが設定し終わって、ドヤ顔していてもこの設定をホスト側でオンにしておかないと、他の参加者のビューは変更されていないということです。

2020年9月4日 @kimipooh

2020年8月7日金曜日

Quora 日本語版 World Meetup 2020 に参加して(オンライン) #quora #meetup


      ミートアップ風景(Quoraスタッフアップデートで公開されている画像)

*ミートアップで紹介されたリンクは末尾に関連リンクとしてまとめておきます。それも興味をそそる質問や回答ですよ!

Quora スタッフアップデート(スペース)をフォローしていることもあり、Quora 日本語版ワールドミートアップ2020 のことを知り得て、早速参加申し込みをしました。

World ミートアップは 世界中の Quora Meetup を定められた期間内に一斉にやるというイベントです。日本では昨年から始まりました(Quora World Meetup 2019 に参加してきた!)。昨年は六本木のいいところだったのですが、残念ながら今年は新型コロナウィルの影響もあり、オンライン(Zoom利用)の実施になりました。

開催が近づくにつれ、様々な投稿がされていきミートアップが終わったら削除すると書かれている、Zoomの使い方やブレークアウトルームでどういうことをするのかなどのアジェンダがありました。

時間が19時〜ということで、オンライン飲みニケーションをしながら、ミートアップをしようということですね!実はオンライン飲みニケーションはこれが初めての体験なのでした。

バーチャル背景も Quora から提供されたものに、ラオスのメコン川をバックにとった写真を右上に載せておきました。

ブレークアウトルームで自由にやりとり




今回の特徴は、ブレークアウトルームでの少人数やりとりでしょう。ランダムで分かれるということで、今回は6名のグループになりました。
「ブレークアウトルームでなにするんだったっけ?」「Quoraスタッフアップデート(スペース)に載ってたよ〜、チャットにURLいれた」なんてやり取りから始まって、自己紹介をしたのち、様々な話をしました。
特に今回は Quora に参加して一週間という方もいて、今回のミートアップ告知は気合が入っていたのかなと皆で感心したものです。
またなんと、6名中5名が関西出身、となるとアレですよ、アレ!「はんなり上方弁」(スペース)への誘いを忘れてはなりませんね!

ブレークアウトルームで印象に残ったこと


  • 自分で質問して、自分で回答してよい
これは筆者が伝えたことです。
  • Quora 日本語版では、まだあまり見ない質問
  • 質問したけれど回答がなくて寂しい質問
そうした事があった場合、Quoraでの質問に関するおもな規定は? に注意しつつ、自分が詳しく知っている、調べて知識になり得るような回答ができるなら、自分で質問して自分で回答すればいいです。そうすれば、それに関して知識が蓄積され検索にヒットしやすくなり、結果として興味のある人がよって来ることが期待できるかもしれません。そう、「質問はコミュニティー プロパティー (共有財産) です」ですので、Quoraとしてはそういう間口の広げ方もできるんですよね!

筆者の自己紹介


とある大学のとある研究所内のインフラ整備もしつつ、ITマネージャー的な役割もになっている教員。導入したサービス関連や面白そうなコミュニティに関わること、そしてそこから波及する何か新しいことへのチャレンジをすることなどが好きです。

  • Quora歴
     2017年11月に Quora の日本上陸というニュースを見て、面白そう!と思って参加してから 2年半が過ぎました。
  • スペース立ち上げ
    • Quora関連ブログ(Quora イベントや情報についてのリンク集的な位置づけ。もともと個人ブログという機能がQuora にあり、それが廃止されてスペースになったこともあり、こちらに移行している)
    • Google プロダクトについて語ろう!
       Googleプロダクトヘルプコミュニティ(各プロダクトのサポートフォーラム)で、Google Product Experts(Googleより称号付与、主にGmail、Chrome、Googleグループ、アカウント)として活動しており、Quora でもGoogleプロダクトに関する情報共有ができたらよいなと思って作成すたスペース
  • 主なカテゴリー
    • 詳しい分野:電子メール、情報セキュリティ、Gmail、WordPress
WordPress コミュニティでは公式プラグイン開発者としても活動しています。

関連リンク



いずれも物凄く読みやすく、あるいは深い回答のある内容ですよ!
Quora の回答で記憶に残っているもの(何か機会があったら紹介しようかなーとメモしていて、今回機会がなかった内容(備忘録))

IT系エンジニアでもあるので、自分のスキルで検証できそうなものは検証したくなってしまうんですよね。それが回答のモチベーションの大きな要因になっています。

2020年8月7日 @kimipooh

2020年5月11日月曜日

仮想カメラ OBS-Studio + OBS-VirtualCamプラグイン をソースからインストール方法(Mac編)

OBS-Studio + OBS-VirtualCamプラグインを使えば、下記のように遠隔会議システムで利用するカメラで、映像や画像等メディアリソースを合成して仮想カメラとして見せる方法があるようです。うまく活用すれば、プロジェクタに投影したプレゼン資料を、あたかも講師(本人やアバター等)がその場にいて発表しているような合成ができるかもしれません。
そうしたことにどこまで意義があるかわかりませんが、MacでのOBS-Studio + OBS-VirtualCamプラグインインストールは、私の環境では一筋縄ではいかなかったので、インストールについて備忘録を残します。

インストールの流れ


*OBS-VirtualCamプラグインをインストールするためには、OBS-Studio本体もソースからビルドする必要があるようです。試しにバイナリの OBS-Studioに組み込もうと思いましたが、うまくいかず。
基本的には、OBS-VirtualCamプラグイン(Mac版)が置いてある GitHubの Building の通りに進めます。ただし途中でエラーになったりしてうまくいかない場合があります。どういうエラーに遭遇して、どのように解決したのかも含めて説明していきます。

STEP 1. 準備


インストールに必要な、コマンドツール、コンパイルシステムのインストールが必要です。いずれもターミナルアプリ(Macintosh HD > ユーティリティ内)上で操作します。それぞれ参考先のサイトを参考にインストールしてみてください。

1. Homebrew のインストール(Xcode内のコマンドツールも自動的に入る)


2. Git ツールのインストール


STEP 2. OBS-Studio のイントール

以下、青文字の部分が、ターミナルで実行するコマンドです。
これを入れてEnterをプッシュすることになります。
$HOME(/Users/ユーザ名)以下に
obs-studio
フォルダを作って、その中にインストールすると仮定します。

cd $HOME
git clone --recursive https://github.com/obsproject/obs-studio.git
brew install FFmpeg x264 Qt5 cmake mbedtls swig

=== (エラー1)以前から Homebrew を使っていた場合 ===
Error: Permission denied @ apply2files - /usr/local/lib/pcsc/drivers/scmccid.bundle
これは、brew cleanup でエラーがでて途中で止まっています。
https://github.com/Homebrew/homebrew-core/issues/45009 を参考に解決しました。

brew doctor
と診断すると、いろいろ出てきて
Warning: Broken symlinks were found. Remove them with `brew cleanup`:
  /usr/local/lib/pcsc/drivers/scmccid.bundle
という今回のエラーに関係するところが出てきます。

sudo rm  -rf  /usr/local/lib/pcsc/drivers/scmccid.bundle
brew cleanup
でエラーがでないことを確認した上で、改めて
brew install FFmpeg x264 Qt5 cmake mbedtls swig 
でエラーがでないことを確認
========================================

mkdir build
cd build
export QTDIR=/usr/local/opt/qt
cmake .. && make -j

STEP 3. OBS-VirtualCamプラグイン のインストール


$HOME/obs-mac-virtualcam フォルダにインストールされます。

git clone https://github.com/johnboiles/obs-mac-virtualcam.git
cd obs-mac-virtualcam
export OBS_DIR=$PWD/../obs-studio
mkdir build
cd build
cmake -DLIBOBS_INCLUDE_DIR:STRING=$OBS_DIR/libobs -DLIBOBS_LIB:STRING=$OBS_DIR/build/libobs/libobs.dylib -DOBS_FRONTEND_LIB:STRING=$OBS_DIR/build/UI/obs-frontend-api/libobs-frontend-api.dylib -DQTDIR:STRING=/usr/local/opt/qt ..
make -j

=== (エラー2)すでに XCodeをインストールしていた場合 ===
3 warnings generated.
make[1]: *** [src/obs-plugin/CMakeFiles/obs-plugin.dir/all] Error 2
make[1]: *** Waiting for unfinished jobs....
[ 98%] Built target dal-plugin
make: *** [all] Error 2
'bootstrap_create_server' is deprecated: first deprecated in macOS 10.10

新しいバージョンのXCode にアップデートされていて、一度も Xcodeを開いていない場合に上記エラーになる場合があります。一度アプリケーションフォルダにインストールされている XCodeを開くと、command components 追加を要求してくると思うので、これをインストールします。もし求められなければ、ターミナルより
sudo xcodebuild -runFirstLaunch
を入力して、インストール画面をだしましょう。

そして
make -j
を再度実行します。
========================================

=== (エラー3)下記のエラーになってしまった場合(make -j) ===
make[2]: *** No rule to make target `../../obs-studio/build/libobs/libobs.dylib', needed by `src/obs-plugin/obs-mac-virtualcam.so'.  Stop.
make[1]: *** [src/obs-plugin/CMakeFiles/obs-plugin.dir/all] Error 2
make[1]: *** Waiting for unfinished jobs....
[ 63%] Built target dal-plugin
make: *** [all] Error 2

cd $HOME/obs-studio/build
make -j

と再度、OBS-Studio をコンパイルしましょう。

cd $HOME/obs-mac-virtualcam
cd build
make -j

と改めて実行してエラーがでないことを確認します。
========================================

最後に、ビルドできたOBS-VirtualCamプラグインを本体のほうへコピーします。
$OBS_DIR は、すでに
*export OBS_DIR=$PWD/../obs-studio
と環境変数として、 $OBS_DIR は、$HOME/obs-studio のフォルダを指しています。

cp src/obs-plugin/obs-mac-virtualcam.so $OBS_DIR/build/rundir/RelWithDebInfo/obs-plugins/
sudo rm -rf /Library/CoreMediaIO/Plug-Ins/DAL/obs-mac-virtualcam.plugin && sudo cp -r src/dal-plugin/obs-mac-virtualcam.plugin /Library/CoreMediaIO/Plug-Ins/DAL

これでインストールは完了です。

STEP 4. 実行してみる


cd $HOME/obs-studio/build/rundir/RelWithDebInfo/bin
./obs

でウィンドウが立ち上がり、ツールにある Start Virtual Camera を選択すると、Stop Virtual Camera に切り替わって起動しているか確認します。

→ 

実際の使い方については冒頭に挙げた
あたりを参考にしてみてはと思います。

2020年5月11日 @kimipooh