2022年11月13日日曜日

関西オープンフォーラム2022(20周年)に参加して(11月11日-12日) #kof2022 #kof

コロナ禍になり 2020年からオンラインとなった関西オープンフォーラム。3年ぶりにハイブリット形式での開催となりました。コロナも一時収まったり、また増えてきたりと不安定な情勢の中、コロナ対策のために規模を縮小しての開催です。

実行委員の一人として、2019年似購入した機材持ち込み専用の大型キャリングケース(SANWA BAG-HD5)にて、プロジェクタ2台、集音マイク2台、ウェブカメラ2つ、各種ケーブルを詰めて会場まで運びました。重量は21.8kgです、重い。今回は前日準備に参加したため、通勤ラッシュの時間をさけたこともあり渋滞には巻き込まれませんでした。

このようなとき京阪のプレミアムカーは便利です。足元においても余裕で迷惑もかかりません!ちなみに大阪へ車で移動するのは、大阪の高速道路を通るの避けたいためです。方向音痴は私には、逆方向へ入り込んだり、高速をうっかり降りてしまったり、判断を迷って混乱してしまうことが目に見えているためです。毎日仕事で通わないとだめということであれば、覚えるでしょうが、年1だと確実にどこか変なところにいってしまって面倒なことになるでしょう。そのため安心、寝ることもできる交通公共機関(2時間ぐらいかかるけれど)で京都から大阪南港ATCへ向かうのでした。

かわりに実行委員から「いい年しているのだから、そんな重いものを持ち運んだら、腰痛めるよ〜」って突っ込まれてしまいました。たしかにもう40台後半、大阪では階段を登ったりするときには結構大変かなーとおもいつつ、まだまだ大丈夫そうみたいな感じでした。

今年はステージの場所が変更になったため、HDMIケーブルの長いものが不足したので来年はこれをもっていかないとだめですね。

 さて前夜祭となる11月11日は快晴といってよく、スタッフTシャツだけでいけそうなほど暑い日差しでした。

今回、関西オープンフォーラムでは初のハイブリット(リモート登壇あり)で、いろいろ分からない点もあり、いろいろなトラブルが生じました。特にリモート登壇のときにはハウリング問題をどのように解決するのかに結構皆が悩みました。最終的には集音マイク(エコーキャンセラー付き)が大活躍しました。またユーザー企画ではLTなどもあり、その都度 Zoom に入ってもらう必要もあったのですが、OSが Debian, Linux等様々だったため、そのあたりも事前に接続をしてもらう、画面共有できても音声ができないー等の場合にはユーザー企画の司会進行役が自身の端末で音声をひろうなどうまく対応されているのが印象でした。

Debianや LinuxのZoomクライアントは、Zoom側で用意されているようですが検索しないとどこにあるかわからないらしい。

- Linux への Zoom のインストールまたは更新(Zoom公式ヘルプ)


2022年11月11日(金)前夜祭

中野実行委員長の挨拶から始まりました。関西オープンフォーラムの立ち上げの苦労話、どのように場所を移転してきたなどをユーモラスに語っておられました。

今年は新型コロナウィルス対策として、受付にて参加登録(Peatix利用)をしていました。


ちなみに昼は、杵屋で合盛り(そば、うどん)を食べたのでした。11日はうどん増量無料ということ、関西オープンフォーラムは大体日にちは一緒のため、前回もおなじく11日に合盛りを食べていたのでした。準備で適度に温まった体を少し冷やすこともできてよかったです。

懇親会(海鮮や活活丸)

- 地図(Google Mapへのリンク)

50名以上が参加した懇親会。各テーブルごとの敷居が高くてコミュニケーションが少し取りづらい問題はあったものの、これだけの規模を貸し切り対応してくれる店は会場近くではなかなかありません。貸し切りのため、荷物を置くスペースには十分にあり、久しぶりの対面でのイベント開催ということもあって皆さん楽しく歓談していたと思います。



2022年11月12日(土)本番

実行委員からの「8の字巻きをマスターしたい!」という一言から始まったステージ企画。このようなことが気軽にできるのが関西オープンフォーラムの強みかなと思います。

 実行委員長挨拶

 ステージをささえる学生たち中継班

 会場のネットワークをささえる宮下先生

 受付をする学生さん

 多目的ルームでの基調講演風景

 サロンでのユーザー企画中をきく人たち

 ショーケースでのユーザー企画風景

 ブースの様子(なかなかの盛況ぶり)

今回は写真撮影&配信の一部担当などもあったため、各セッションについてはあまり聞くことができませんでした。ただまぁそこがハイブリットの良いところで、気になったセッションはあとから視聴できます。イベントを終わった翌日13日時点ではライブ配信された動画は一旦非表示になっています。そのうち編集されて出てくることでしょう。

2022年11月13日 @kimipooh

2022年11月8日火曜日

【備忘録】Panasonic Let's Note のファン制御ができる機種にもかかわらず、設定ユーティリティに設定項目がない場合

Panasonic Let's Note でファンが大きくて煩わしい場合、ファン制御ができる機種であれば低速モードにして音を抑えることができます。

に対応機種について書かれています。
対応機種の場合、このユーティリティ内のサポート > トラブルシューティング(!マーク)> ファン制御 にその設定があるとされています。

しかし、対応機種にもかかわらず設定見当たらない機種がありました。

確かに 2007年ぐらいの記事「【レビュー】冷却ファンの効果は絶大! モバイルノート「Let'snote W7」(ASCII.jp)」においては、「ファン制御ユーリティティ」という別のツールを使っていたようです。

しかし、そのようなソフトウェアは存在せず、明確にサポート対象内の機種だったのです。

Panasonic PC設定ユーリティティは2種類存在する!!


ちょっと興味を引いて調べていくと、このタイトルの事実を知ることとなりました。
ん?同じだよね?と一瞬思ったのですが、いいや違う、Panasonic と パナソニック(英語とカタカナ)名称の別ソフトがあるということだったのです!

そして Panasonic PC設定ユーリティティのほうが新しいということでした。

Panasonic PC設定ユーリティティは、Microsoft Storeから無料でダウンロードできます。

こちらを対応機種にインストールすると、
パナソニック PC設定ユーリティティ
に加えて
Panasonic PC設定ユーリティティがアプリ一覧に表示されます。
*パナソニック PC 設定ユーリティティをアップデートしても、Panasonic PC設定ユーリティティに変わらない(完全に別ソフト)

そして、Panasonic PC設定ユーリティティのほうであればファン制御設定が可能でした。

なお対応機種以外にインストールすると、下記のようにインストールはできますが実行すると、無効な実行ファイルとでて使えませんでした(下記は英語版 Windows11 にインストールして実行してみた)。



なかなか珍しい(そんなの分からない!)事案に遭遇したので備忘録としてまとめてみました。

2022年11月8日 @kimipooh

2022年10月25日火曜日

macOS 13 Ventura にアップグレードしてみた(2022年10月25日)

仕事で人柱的に手持ちの M1 と M2 の MacBookPro を macOS 12 Monterey から macOS 13 Ventura へアップグレードしてみました。

Microsoft 365(最新版のOffice)と、Adobe系(2022と2023)は問題なく動作している模様。

Xcode(gitなどを使う場合)をインストールする必要があり


ESETで問題


ESETにおいては、まず Ventura対応かどうかの確認が必要。
法人向け ESET Endpointは現在英語版(v7は少なくても多言語版)は Ventura対応版がリリースされています。法人向けの日本語版は 2022年10月25日時点では非対応です。

対応版のうち、v7.2.1600.0 については、削除してインストールしなおす必要がありました。下記のように「リアルタイムファイルシステム保護にはフルディスクアクセス権がありません」と警告が出て、設定をしても警告が収まらなかったためです。ソフトを一度削除して入れ直して設定しなおすと警告が消えました。個人用でも同じ問題がでているかもしれませんね。


2022年10月25日 @kimipooh

2022年8月26日金曜日

Mac 用 Avira Free Antivirus のインストールメモ

Mac 用 Avira Free Antivirus のインストール方法について1点だけ指示通りできなかったため、備忘録として残します。OSとしては macOS Catalina (10.15.7)です。

フルディスクアクセスに Avira Security Helper を追加する方法


Avira Free Antivirus を Macにインストールする場合、下記の2つにフルディスクアクセス権限を付与する必要があります。「1」の Service については、指示通りインストールするとフルディスクアクセスの画面に表示されるため、チェックするだけです。しかしながら「Avira Secuirty Helper」は出てきません。さらにどこにあるのかもわかりません。ネットで情報を探しても見つかりませんでした。
  1. Avira Scan Service
  2. Avira Security Helper

上記「2」のアプリケーションがある場所
  • Macintosh HD > ライブラリ > Application Support > Avira Security
このフォルダを開くことで、フルディスクアクセスに Avira Security Helperが自動追加しました。もし自動追加しなくても上記 Avira Securityフォルダ内にある Avira Security Helper をフルディスクアクセスに追加すればよいでしょう。


2022年8月26日 @kimipooh

2022年8月12日金曜日

バンコク旅行記 2022/08

前回訪れたのが、新型コロナウィルス発症前の 2019年10月。今回で16回目のバンコク訪問です。

レート(タイ・スワンナプーム国際空港内)

  • Buy: 0.236 (4.237円/バーツ)
前回の約4円/バーツだったため、レートはかなり悪くなっています。
とはいえ、今回も2泊4日と超短期滞在であり PCR検査などのためにタクシーにのる必要もあったので、 1万円だけ両替しました。

タイへの出入国について


今回、何も考えずに超短期滞在にしたのはいいのですが、タイからの出国に際して 72時間以内の病院でのPCR検査(結果出るまで1日程度かかる)が必要だということで、慌てて検査予約をするなどバタバタしました。

参考情報

タイへの入国については、在タイ日本国大使館の情報により、2022年7月1日よりタイ入国のための「Thailand Pass」が廃止されたのはよかったです。

おかげでワクチンを規定回数(モデルナの場合、2回以上)しており、接種証明書を用意(マイナンバーカードがあれば、接種証明書アプリで事足りる)しておけば問題ありませんでした。

関西国際空港のチェックインカウンターで、接種証明書を提示したのですがタイ側では求められませんでした。またタイ側では手荷物チェックもなく、スーツケースについては出る前に無作為でチェック(私もチェックされた)されるぐらいでした。また2022年7月より空路経由の場合には、出入国カードは廃止されていて不要でした。そんなこんなで入国は非常にスムーズでした。

帰りはPCR検査証明書(病院)をチェックインカウンターで提示する必要がありました。それ以外はいつもどおり。ただスワンナプーム国際空港への道が混んでいて1時間強ぐらいかかりました。お土産などを買っていると搭乗開始まで1時間を切っていたこと、出国までに1時間ぐらいかかったこともあり、空港まで車で向かうなら4時間前が一番安全ですね。

PCR検査について

さてタイから出国するためには 72時間以内に病院でのPCR検査が必要です。
さらに日本指定の「【水際対策】出国前検査証明書」を病院に出してもらう必要があります。予め印刷して病院に持ち込んで書いてもらう場合、病院が用意してくれる場合など様々です。事前に確認しましょう。

今回は「サミティヴェート・スクムウィット病院」の「日本人医療センター」で予約しました。4000バーツと高いのですが、日本語OKですし、日本人向けということで安心感もあります。また、日本用の出国前検査証明書も病院側で用意してくれるのもよいですね!(一応印刷してもっていきましたが)
なお、もし陽性になった場合には加入している海外保険に連絡した上で、再度別病院でPCR検査をして陽性にならないと保険対応してくれないことに注意。また国によって検査方法が異なるので、日本の検査方法をやってくれるのかどうかもチェックが必要です。

別の病院候補として下記がよさそうです。こちらは 1500バーツとのことです。場所も「サミティヴェート・スクムウィット病院」の近くです。

今回バンコクに来た次の日の朝8時の予約でした。結果は翌日の11時以降にわかると書かれていましたが、実際に検査終了後に手渡された日本語でのメモを見ると10時以降に取りに来ればよということでした(実際に翌日10時に取りに行きました)。
そして陰性ならそのまま深夜便で帰国するという強行スケジュールとなっています。
このような超短期滞在の場合、日本で感染していなければ大丈夫そうではありますけどね。

さて検査当日、7時すぎにホテルからタクシーを呼んでもらって病院にいくと、57バーツでした。帰りに Grab でタクシーよぼうとしましたが、280バーツぐらいの値段がでてきたので諦めて(後から気づいたのですが、Grab Taxiを選択すると普通のメーター+20Bぐらいで行ってくれるようでした)、徒歩でBTSトンローまでいって、アソークまで 23バーツでホテルまで帰ったのでした。7時すぎと少し早めかなと思いましたが、受付でいくつか書類書く必要があったので、そこまで待つことはありませんでした。検査は実質10分少しぐらいで終了した感じですね。

陽性だとメールするらしいのですが、幸いメールが来ませんでした。
翌日10時に言って結果は、「陰性!」。日本入国に必要な検査証明書を取得しました。

ファストトラックについて

さてPCR検査結果が出た日の夜便で帰国予定のため、早速ファストトラックを MySOSアプリでチャレンジ。MySOSを起動すると、滞在している国設定が出てくるので、今回は「タイ」を選択。

*厚生労働省の検疫手続事前登録(ファストトラック)マニュアルにはお世話になりました。
「ファストトラック マニュアル」で検索すると出てきます。

審査も含めてすべて完了するまで【赤】状態になっています。
  1. 可能なら、飛行機のオンラインチェックインをして座席を確定させておく
    *あとで入力項目あり。座席がきまっていないと空欄にしてあとで聞かれるらしい(日本入国時のチェックだと思われる)。
  2. 登録(パスポート番号、生年月日、氏名)
  3. ファストトラックをしますかと出てくるので、「はい」をする
    *「いいえ」にしまった場合には、設定などから再度開けるみたいですが、アプリをけして入れ直すことで設定が初期化された「1」からスタートできます。
  4. 質問WEBをタップして開く。入力完了するとQRコードが表示される
  5. 誓約書をタップして開いて、登録
  6. ワクチン接種証明書をタップして開いて、登録 <登録後に、審査>
     デジタル接種証明書で証明書を画像として保存できない場合(古いバージョンの場合)、接種証明書アプリより証明書を開いて一番下にある「二次元コードを画像で保存」をして、これを登録したらいけました。
  7. 出国前72時間以内の検査証明書をタップして開いて、登録<登録後に、審査
     紙でもらった日本用の検査証明書をスマホのカメラで撮影して登録しました。
     採取日と採取時刻の入力が必要です。いずれも、病院からもらった紙に書かれています(日本用の検査証明書とは別用紙)

小一時間ぐらいして審査完了の通知がきてみてみると、2つの審査について両方パスして、MySOSアプリが青色になってこれを見せればよいという画面になりました。

日本への入国


飛行機内で免税に関する申告書類が手渡されるので書いておきます。

飛行機から降りると、入国審査場までに使っていた無人電車は封鎖されていて、あるいて向かう必要があります。その間に、いくつかのチェックがあります。かなりの距離があります。また健康カードをもらうまでは、トイレが封鎖されてました(飛行機内でトイレは済ませておきましょう)。

  1. MySOSで事前登録し「青」の状態なら、ファストトラックで登録していた場所をスキップできます。そうでなければ、MySOSアプリをインストールするなどして登録することになります。そのあたりはサポートしてくれる検査員が沢山いるようです。
  2. 健康カードをもらう
     問診があり、滞在国はどこか聞かれた上で健康カードをもらいます。
  3. 入国審査(日本人なら顔認証による入国)
  4. 荷物を受取る
  5. 税関申告書で申告書類を提出
という流れでした。
あとMySOSアプリに、待機最終日が2日たっても設定されない場合には、入国者健康確認センターに連絡せよとありました。1日後に登録完了通知があり、2日後に入国者健康確認センターとの連携を解除したという通知あり。これですべて完了かなと思います。

ネットワーク


今回、下記2つを用意しました。ただし新型コロナウィルスで陽性がでるとすぐに帰国できないため、タイデータのモバイルWi-fiは自宅おいて家族に返却してもらうことにしました。もったいないですが延長金とられるよりましですね。
  • タイデータのモバイルWi-fi(Global Mobile)
  • [TRUE MOVE] TRUE サワディカ 3GB 4G+/3G 8日間 タイ国データ通信SIMカード 100バーツ通話+SMS付き [並行輸入品] (Amazon) - 680円
SIMのほうは iPhone13 に挿して使いました。
海外ローミングオン、モバイル通信オンにしておけば設定不要で自動接続しました。
5Gでつかながって快適ですね。

今回病院との連絡などもありえるために、電話付きのモデルにしました。それで680円とは安すぎですね。

ホテルのネットワークは、22時台はパケットロスなくスムーズに接続できました。OpenVPNなども接続できました。またfast.com でしらべた結果、下記のように快適です。



今回利用した FURAXCLUSIVE ASOK を利用するのも5回目



Delux Double Room が一番安いルームです。他にはプレミア、スイートなどがありますね。なお旅行代理店を通じて予約していることもあり、少し高めになっていることはあると思います。最近は円安の影響もあるのかもしれませんね。
  • 2022/08/09-11: Delux Double Room : 11,500円/泊(朝食付き)
  • 2019/10/10-13: Delux Double Room : 9,700円/泊(朝食付き) 
  • 2017/12/19-21: Delux Double Room : 11,000円/泊(朝食付き) 
  • 2016/10/11-14: Delux Double Room : 7,800円/泊(朝食付き)
  • 2014/03/04-07: 他のホテルへ
  • 2012/05/22-26: Delux Double Room : 7,500円/泊(朝食付き)

食事&観光


夕食(Oranuch Bangkok)



8名ぐらいで食事をしました。おしゃれな感じでした!


フリーマーケット


シーナカリンウィロート大学の構内で、毎週火曜日と木曜日に朝3時ごろからセッティングを初めて、午後には撤収を始めるフリーマーケットがあるということで行ってきました。日本人も沢山いてかなり賑わっていました。大学構内にフリーマーケットがあるとは驚きでした。
下記をみると 7時〜15時までのようですね。魚なども売っていてびっくりしました。

ドリアンは 300バーツでした。今回ドリアンを少し食べました。かなり美味しかったです!

この付近には大学の店もあるのですが、食べ物が多くてコンピュータ類がありませんでした...。






CP Tower 2




以前コンピュータ関連については、パンティープ・プラザにいっていました。ただ車が止まりにくいのと少し遠いこともあり、新しくできた CP Tower 2 に行ってきました。こちらは車も止まりやすく、食料品、飲食店、動物ふれあいコーナーなど多目的に使えるところに、パンティープ・プラザのようなコンピュータ関連のものも沢山あります。家族でも訪れている人は多そうですね!

下記は子豚で、哺乳瓶で牛乳?が入ったものを購入して子豚にあげることができます。


2022年8月12日 @kimipooh

2022年7月29日金曜日

【備忘録メモ】macOS Monterey で AVCHD形式の動画を Adobe Premiere Pro 2022 に取り込み Toast 20 Pro でチャプター付きブルーレイを作成する

いろいろ苦労したのでやり方についてまとめておきます。

STEP 1. AVCHD 形式の動画を Adobe Premiere Pro 2022 に取り込む

直接取り込みはうまくいかない

取り込む自体は、下図のように Adobe Premiere Pro 2022(以下 Premiere と呼ぶ)の読み込みから可能です。しかしながら、Premiere 上で再生すると一部音声が出ない場合があります。再生時に音がでない(Adobe ヘルプ)等を参考にいろいろ試してみましたが、この読み込み方法は断念しました。まずは AVCHD を読み込んで音が途切れていないか確認し、鳥れるところがあるなら後述する「cat コマンドを使って、1時間ごとぐらいでファイルを連結する」を試してみてください。


AVCHD内部にある MTSファイルを個別に読み込んでも、音がでない場所は Premiere 上でだけ音が出ません。

cat コマンドを使って、1時間ごとぐらいでファイルを連結する

  1. AVCHDファイルを右クリックし、「パッケージの中身を表示」を選択
  2. BDMVファイルを右クリックし、「パッケージの中身を表示」を選択
  3. STREAMフォルダにある、MTSファイルを別の場所(説明のためにダウンロードフォルダとする)にコピーします。
  4. アプリケーション > ユーティリティ > ターミナルを起動
  5. 下記の2つのコマンドを1つずつ実行(各コマンドは Enterを押すと実行される)します。
    cd ~/Download
    cat 00000.MTS 00001.MTS > 01.MTS
     
     
  6. すると 00000.MTS のあとに 00001.MTS が挿入する形で、 01.MTSファイルができます。
  7. これを Premiereで読み込んで音が再生できない場所のないことを確認します。
  8. 次にターミナルより下記を実行して、2つのファイルを連結します。
    cat 01.MTS 00002.MTS > 012.MTS 
  9. そして「7」をチェックします。
以上を繰り返して、音がでないギリギリのところを模索すると、下記のように4つずつの連結となりました。00000.MTS〜00004.MTS まで連結してしまうと音がでない部分が出たのです。となると1時間を超えたあたりからそういう現象が起こるのかもしれません。


あるいは、AVCHDで読み込もうと思ったときの2つに分割されていたファイル(ちょうど 、00000.MTS 〜 00003.MTS と 00004.MTS 〜 00007.MTS だった)が指標になるのかもしれません、

いずれにせよ、連結した2つのファイル 0123.MTS, 4567.MTS については Premirer に読み込んでも音がでない箇所はありませんでした。

STEP 2. Premiere 上で チャプターマーカーをつける


注意:Toast 側ではチャプターについては、名前をつけることができないようです。Toast は
動画ファイルA(名前をつけることができる)
 チャプタ1(名前つけることができない)
 チャプタ2(名前つけることができない)
動画ファイルB(名前をつけることができる)
のような状況になりました。もしかしたらできる方法もあるかもしれませんが、いろいろ試してもうまくいかないので、私は諦めました。
そのため、Premiere 側でファイルを切りに良いところで分割保存して、Toast側ではチャプターをつけずにブルーレイを作成するほうがよさそうには思います。

それはともかく、ここでは Toast でチャプターをつかう前提で説明します。
なお Premiere でチャプタマーカーをつけた場合、H.264 Blue-rayなどのフォーマットで出力しておくことで、xmpses拡張子のXMLファイルにデータがマーカーの情報(マーカーをつけた時刻情報も)が入るので、視認しながら他で活用はできます。

さて、0123.MTS, 4567.MTS の2つのファイルを Premiere 上で連結させ、チャプタマーカーをつけたいところで、ルーラーの部分で右クリックして、「チャプタマーカーを追加」を選択します。あとで活用するためにも、チャプタの名前はわかるような名前をつけておきましょう(Toastには引き継がれませんが)。


STEP 3. QuickTime形式で出力する


Toast でチャプタマーカーを引き継ぐためには、QuickTime 形式(拡張子 MOV)で書き出す必要があります。ただし、チャプタマーカーをXMLファイルで残しておくのには意味があるので、H264 Blue-ray でも書き出しておくとよいです。
*QuickTime形式にすると動画の容量が大きくなります。
H264 Blue-ray: 20.31GB(映像)+ 1.25GB (音声) (1時間48分程度)
QuickTime: 177GB(映像+音声)


STEP 4. Toast Pro 20 でチャプタマーカー付き QuickTime動画をインポートする


Toast Pro 20の「書き込み」から、「ブルーレイディスク」を選択。


クラシック表示に切り替え」ボタンをクリックする


下記のドラッグ&ドロップエリアに、QuickTime形式の動画(拡張子MOV)をドラッグ&ドロップします。


すると下図のように動画がインポートされますので、「編集」ボタンをクリックします。


「チャプタ」タブをクリックして、Premiere で追加したチャプターがインポートされていることを確認してみてください。そして念の為「手動」にチェックをいれておきます。


出力設定の「メニュースタイル」について、チャプタを活かせるものを選択します。
さらに「カスタマイズ」ボタンをクリックします。


チャプターを有効にするには「ビデオのシーンメニューを含む」にチェックをいれてください。下記のプレビューで動画が1つしか見えないのは、Toastの仕様です。

下記の場合、最初に動画ファイルAが表示され、これを選択して開くこで、この動画のチャプターが表示さえる仕様のためです。

動画ファイルA(名前をつけることができる)
 チャプタ1(名前つけることができない)
 チャプタ2(名前つけることができない)



STEP 5. ブルーレイディスクを作成する


こちらは Toast Pro 20 の標準機能とブルーレイディスクドライブがあれば作成できるはずです。


2022年7月29日 @kimipooh