Knowledge for WordPress

Knowledge for Google Products

2019年9月23日月曜日

ベトナム・ラオス旅行記(後半:ラオス編)

ラオスは三度目の訪問(2016年2018年2019年)です。
 今回の見どころはなんといっても、首都ビエンチャンから車でルアンパバーン県まで山道を車で旅することです。直行して10時間らしく、雨季の終わりとはいえ道はぬかるんで悪路になっているかもしれません。さてどうなったでしょうか。

レート


以前はドルもよく使われていたようですが、現在外貨利用は制限されていて基本的に自国通貨キープでの支払いが必要ということ。大きな店ならドル払いも可能ですが、今回は山道をいくため道すがらの店はドルが使えないところもあるだろうということでした。ので急遽街の両替店で1万円ほど両替しました。

  • 79.47キープ / 円

ルアンパバーンのナイトマーケットの両替店では 80キープ / 円でした。ので 80で割れば日本円でいくらかわかりますね。

ビエンチャンにて




昼前に入国し、荷物もすぐに出てきたので昼に空港を出ました。
チャーターしたドライバと案内人とともに、ベトナムのシンポジウムでお会いして先に帰国されたラオスの図書館関係者と昼食。野菜たっぷり鍋とスイカジュースを堪能したあと、ホテルへ。街中のところどころで電線工事をしていたのですが、どうやらよく電線が燃えるとのこと!

前回泊まったホテル(Day in)に入り荷物を置いたのちに、手配してもらった SIMを開通してもらって、ラオス国家図書館によってホテルへ、夕食を食べたのちはホテルに帰って早めにゴロゴロして寝ました。

ビエンチャンからルアンパバーンへの旅路(21日)


7時30分に出発。予定では18時到着とのことでした。実際には、晴れていたこと、道がかなり舗装されていたようで、16時過ぎにつくことができました!「昔、山賊がでてね、、、」とか「この時期は悪路だから止めておいたほうがいい!」とか散々脅されまくったのですが、よく行っている現地の案内人に「全然大丈夫!」とのいうこと、同行もしてもらったことで安心して楽しめました。基本的に道路は舗装されていてところどころ舗装が剥がれたり穴が空いていたり、隆起していたりしていてガタンゴトンと揺れることはそれなりにあります。そんのため車酔いする人は無理っぽい感じがします。筆者は平気でした。

ビエンチャンからバンビエンへ(7時30分 - 10時54分)




道は基本的には舗装されており、ときどき舗装が剥がれてしまっていたり、穴があいているところでガタンゴトンと揺れました。途中に村が点在しており、それは山道にはいっても同じでした。そうした村あたりはキャリアネットが使えたので、割と山道でもネットが使えました。また山道のなにもないところでもテントを設置してランブータンやドリアンなどを売っていました。車で移動する人が時々購入するようです。
ルアンパバーンまでの旅路の中間地点にバンビエンがあります。今、中国の援助で高速道路と鉄道を敷設しており、高速道路は3年ぐらいでできる模様。鉄道のチケットは高そうだし、高速道路がもし有料になるなら、とてもラオス人は払えないだろうから、物資輸送が主になるのかなぁという話でした。高速道路ができるとビエンチャンからバンビエンまで1時間でいけるようなので、郊外の観光地として今まで以上に栄えそうですね!今回は4時間弱かかりました。
途中なんどかトイレ休憩をしました。水洗トイレのないところもあり、そうしたところは手桶で水をすくって流す感じです。ただどこでも手洗いするところは水道が通っているのですよね。
ところで、ラオスって結婚したら基本的に妻型婚、すなわち妻の姓を名乗ることになるようですね。

バンビエンから裏道(峠)を通ってルアンパバーンへ(11時35分 - 15時43分)



11時35分にバンビエンをでて裏道に入るまでの道路は基本的に舗装されており、時々整備されておらず穴が空いていました。


途中トイレ休憩によったガソリンスタンドで、ポテトチップス(22000キープ / 275円)を買いました! バナナは 10000キープなんですよね。ポテトチップス高し!





裏道の峠に差し掛かると道が険しく、舗装されていない道になってきます。




峠の頂上は見晴らしがよかったですよ!かなり高いところまで登りました。



峠も下りは舗装された道路になっています。



峠を降りたのちトレイ休憩に立ち寄ったトレイの手洗い場所で犬が寝てました。暑いんでしょうね。今日は日差しが強くとても暑い日でした。

ルアンパバーンでナイトマーケットを堪能!



- 口コミ(TripAdvisor)

沢山お土産を買いました!
ナイトマーケットはかなり広くて、すべてを回りきれませんでした。店員は子供や乳幼児を連れている場合が多いですね!
かわいいバッグ、小物類も沢山あります。私は男性のため、家族(女性)向けのものはいまいちよけわかりませんでしたが、連れてきたら目移りするだろうなぁと思いました。ルアンパバーンにきたなら是非ナイトマーケットはいったほうがよいです!キープが足りなくなったら、ドルも使えますし、両替店もあります。レートは80キープ/ 円と、いいかんじでした!

舟の移動図書館に乗る!!



今回、ルアンパバーン県立図書館(公共図書館)を訪れ、館長さんより様々なお話を聞かせていただきました。さらに boat library(舟に移動図書館)に乗る機会を得ました。数千冊の本を載せて村々を巡って子どもたちに読み聞かせや本の貸出を行っているとのこと。詳しくはまた別の機会にまとめようと思っています。同時にトゥクトゥクの移動図書館もされているそうです。そうした活動を続けていく中で、図書館にくる子どもも増えてきているとのこと。しかしながら、図書館にくることができない子どもたちも多いため、まだまだ移動図書館は活躍しそうですね!
その熱意がひしひしと伝わってきて、すごい!ともったので少しですが個人的に寄付をしてきました!少しでも多くの子供達に本が届きますように!

観光


帰国日に飛行機のフライト時間が夕方ということもあり、少し時間ができたのでいくつか見て回りました。

ワット・シェントーン寺院






- 口コミ(TripAdvisor)

入館料は 20,000キープ。王様がなくなったときに載せて運ぶ船のまわりには仏像がたくさんありました。祈ると願いが叶う仏像など、寺院もひろいので見ごたえがありました。一箇所、穴から仏像を覗くことろがしまっていて残念

ロイヤル・パレス(ルアンパバーン国立博物館内)





- 口コミ(Google Map)

チケット売り場が昼は13時30分からなのに注意。13時頃いって少しまちました。きしむ床を歩きながら、様々なものをみてまわりました。かなり広く感じました。また女性はズボンで入れないため、スカーフが必要。ナイトマーケットなどで買っておくのがよいでしょう。

ネット状況


ビエンチャンからルアンパバーンへの道中、山道に村が点在しておりその付近は携帯電波が使えました。そのため、一時的に使えなくなっても少しいったらすぐ使えるようになるという感じでしたね!


    • Dayi In Hotel (ビエンチャン) - 口コミ(TripAdvisor)
       到着した17時は、かなり快適でした。しかしその後、結構遅いなという感じ。次の日の早朝にチャックアウトしたので、詳しくは調べておらず。17時の快適なときにはダウンロードが 1.8Mbpsぐらいか。
    • Muang Thong Hotel(ムアントンホテル/ ルアンパバーン県)- 口コミ(TripAdvisor)
       珍しくアップロードが数倍速いネットでした。たしかに口コミ投稿のための写真アップロードはかなり速いのに比べて、Googleフォトを閲覧(写真のダウンロード)は遅いなと感じました。朝、みんながモーニングマーケットに出かけている6時台に計測した速度が下図です。夜は繋がりにくくなります。

  •  チャーターした車(ポケットWifi)
    • 2018年と同じ運転手、同じポケットWifiを使っていたため、何もせずに接続できました!道中これだけで事足りました!チャーターする車やドライバーだけでなく利用できるWifiの質は大事ですね!

ホテル


Day in Hotel (ビエンチャン:20日)


 




一日40ドル(現地スタッフに手配してもらったので値段はあくまで参考まで)。日本人ビジネスマンも多く利用しているようです。Shower Gel, シャンプー、タオルはあるものの、それ以外の備品はないので注意。歯磨きセットやドライヤーは持ち込む必要があるので注意。電源プラグは日本のものをそのまま使えます。

Muang Thong Hotel(ムアントンホテル)



入り口。


隣の建物は朝食を食べるレストラン。




ホテルの前に本物の爆弾を使ったモニュメント?みたいなものがいくつかありました。

口コミ(TripAdvisor)

一日79ドル(現地スタッフに手配してもらったので値段はあくまで参考まで)。陸路で移動することで疲れることを想定し、また翌日ベトナム、ラオスと目まぐるしくあちこち移動していた最後のホテルなので、少し高めのホテルを予約しました。こちらは、歯ブラシセットもドライヤーもあります。しかしタオルやバスタオルがないので、それは用意する必要があります。朝食はあまり種類がありませんでした。朝から托鉢やモーニングマーケットに行く人達がほとんどであまり朝食を食べないからですかねぇ。

食事


???(20日昼)



店の名前や場所のメモを取り忘れてしまいました T_T;
野菜たっぷりの鍋を頂きました!

6名で60ドル、一人10ドルぐらい。

Four season restaurant(20日夜 / ビエンチャン)



- 口コミ(Google Map)

二人で112,000キープ(一人 56,000キープ、700円ぐらい)。12万キープ支払いお釣りはチップ。Day In Hotel の間近にありました。水餃子はいまいちでしたが、それ以外は美味しかったですね。

Larp noodle Nang Vanh(21日昼 / ビエンチャン)



- 口コミ(Google Map)

バンビエンの街中にあるレストラン。
ラオスのうどん、生インゲンをピーナッツ味噌につけて食べました。ミントの葉を千切っていれてうどんとともに食べるとミントの強烈な味が上乗せされてうまかったですね!
6人で151,000キープ(1888円)、一人300円ぐらいと安いですね!

Bakery Cafe(21日夜 / ルアンパバーン)




なにげに WordCamp Osaka 2018 の Tシャツを着てます・・・



- 口コミ(Google Map)

スティッキーライスを食べながら、野菜たっぷりのスープ、レモングラスにつつまれた唐揚げ、海苔、ソーセージを、ラオスビールと共にいただきました。外を見ると夕日から夜になるメコン川と舟のあかりがともったきれいな景色を堪能できました!
6人でお腹いっぱいたべて34万キープ、4250円ぐらいでした。ひとり、700円ぐらいですね!

Xieng Thong Phonsavanh Restaurant(22日昼)



左は豚のかわをあげたもの。右のパパイヤサラダは、酸っぱいピリ辛い感じ。


川エビの揚げ物も美味しかったですよ!



魚のうんち、とのこと。うん、試してみました。肉のそぼろみたいな感じの味で、ちょっと辛かったですね。

口コミ(TripAdvisor)


Joma Bakery Cafe(22日午後)




- 口コミ(Google Map)

アイスコーヒーを飲んで最後のラオスでのひとときを過ごしました。

さらばラオス、また次に来るときまで!!



チェックインから出国までわずか5分。小さな空港です。
飛行機も歩いて乗りに行きました!!
最初は雲の下にしばらくいたので景色が綺麗でした。それから高度を上げて雲の上まできましたね!
機内では肉まんがでてきました!

ベトナムでの国際シンポジウム・ワークショップから始まり、ラオスでの旅路もこれでようやく終わったのでした・・・・

とまぁすんなり終わらないのはお約束・・・


ノイバイ国際空港の乗り継ぎ手続きを完了したのが 18時。
飛行機がでるのが翌日の 0時20分のはずですが、搭乗開始が 1時40分と書かれていていやーな予感がしたんですよね。電子掲示板には0時20分出発のままなのでミスなのかなぁとおもっていたんです。

アナウンスなく6時間遅れで搭乗開始まで放置・・・


途中ゲートが2度アナウンスなく変更され、そのたびごとにゲートにいってそこにいるスタッフにきくと、「知らん!」と強い口調でいわれてカチーン。「電光掲示板にかかれたゲートにきたのに知らんってなんだ?誰に聞けばいいんだ?」と質問しても「知らん」の一言。そのスタッフは知らなくても、確認ぐらいしないのか、しないんだろうなぁ。

そのうち福岡行きは、同じ航空会社から天候による遅延とか、遅延とか表示されているのに関西国際空港行きのみなーんにも表示がない。

途中1つ目に変更になったゲートの横に、天候不順(結局、台風17号が原因)のため5時50分出発に延期されましたという看板が立っていました。これがまたアナウンスないんですよね。しかもその後、ゲートがまた違うところになったのですが、その新しいゲートでは立て看板なしですから、一体何を信じてよいのやら???でした。

とまぁ結構みんな右往左往していて、そのうち諦めたのかそこらへんで寝だす始末。ただいつ出発するかわからないのでウトウトしては起きることを繰り返して、あまり寝られず。結局 5時15分に搭乗開始のアナウンスが有って、5時30分に搭乗しました。最後まで電光掲示板が役たたずでした。実に13時間半もハノイに足止めされたのは初めてですね!台風だから仕方がないとはいえ、アナウンスはしっかりしてもらいたいものです。

結局早朝つくはずが昼すぎについて帰ったのが15時台になりました。。。トホホ。

2019年9月23日 @kimipooh