Knowledge for WordPress

Knowledge for Google Products

2014年7月17日木曜日

MacOS 10.6から10.9へのアップグレードに際して

そろそろ手持ちの旧端末の再利用を行うべく、OSのクリーンインストールにチャレンジ。でもいろいろ面倒だったので纏めてみます。


他のマシンでMacOS 10.9.4のインストールディスクをUSBメモリに入れたけど(失敗)

USBメモリをさして、Optionsキーを押しながら起動。MacOS 10.9インストール用起動ディスクが見えるのでそれを選択。
しかし、署名エラーとかいってインストールできない。
これって他の端末には使えないのか。。。

作成方法1 MacOS 10.9編(MacOS 10.10 Yosemiteでも検証済み)

参考:http://ifeelsobad.blog.fc2.com/blog-entry-604.html

「createinstallmedia」コマンド一発で作成できてしまうのでした。
※ですがMacOS 10.6.8の端末では、「A error occurred erasing the disk」とかいって下記のコマンド使えませんね。

  1. MacOS 10.9をMac App Storeからダウンロードして、インストール画面を出す
  2. ターミナルを起動し下記のコマンドを叩く
    sudo "/Applications/Install OS X Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia" --volume  /Volumes/ボリューム名  --applicationpath "/Applications/Install OS X Mavericks.app"
パスワードは、お使いのMacのログインパスワードです。※ダブルクォーテーションでくくれば空白もエスケープしなくていいのでした。


作成方法2 MacOS 10.6.8編

参考:http://www.rootlinks.net/2013/10/23/how-to-make-a-os-x-mavericks-usb-bootable-drive/
  1. Mac App StoreよりMacOS 10.9のインストーラーをダウンロード
  2. インストール画面になったら、アプリケーションフォルダからインストーラーの中身にある「BaseSystem.dmg」をデスクトップあたりにコピー
  3. アプリケーション→ユーティリティ→ターミナルを起動し、
    sudo defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true
    をタイプし、Macログインパスワードを入れて、Enter。さらに
    cd ~/Desktop; sudo xattr -d com.apple.FinderInfo BaseSystem.dmg
    をタイプし、Macログインパスワードを入れて、Enter。
  4. データ消えてもいいUSBメモリをさして、アプリケーション→ユーティリティ→ディスクユーティリティを起動し、復元を選択し、BaseSystem.dmgを復元
  5. USBメモリのSystem→Installation→Packages(エイリアス)を削除し、アプリケーションフォルダからインストーラーの中身にある「InstallESD.dmg」の中にある「Packages」フォルダを、USBメモリのSystem→Installationフォルダへコピー

一旦リカバリーUSBからMacOS 10.6.4を入れたけど

※まだUSBメモリのリカバリーのある古いMacBookAir端末

ソフトウェア・アップデートで署名エラー。。おい。。。
でもこれは「日付」が狂っていたからでした。正しい日付にして再チャレンジ・・・OK



MacOS 10.6.8にしてからMacOS 10.9.4へ

1GBを超える容量になるので、それなりの回線で。
あとは特に問題なくアップグレードできました。

今回はリカバリーUSBのある機種だったのでいけました。
ただリカバリー領域のある機種の場合には、一旦リカバリーしてからいれるか、その端末で10.9.4のインストールディスクを作ってインストールできそうかどうか確認する方がいいかなぁと思いました。

0 件のコメント: